瓶詰の塩辛に異物混入があった話

fuctory9瓶詰に入っている塩辛って結構種類がありますよね。
その中でも有名な函館産のいかの塩辛を購入した時のこと、瓶のふたを開栓して、ご飯に塩辛を盛りつけました。
そして口に塩辛を含んだ時の事、いかの歯ごたえとは違う、モニュっとした歯ごたえがあり、口から出してみると、なんとビニール片でした。
瓶に塩辛を入れる工程で異物が混入したのでしょう。
今まで何度も同じ会社の塩辛を購入していて、初めてのことでしたので、たまたまだったのかもしれません。

いかの塩辛って、外観からでは素人から見れば異物混入があるのかないのかなんてわからないと思います。
塩辛はそうそう、小さい子供が食べることはないとは思いますが、これが子供の食べるような食品に異物が混入していたりしたと思うとぞっとします。
食品会社も色々と独自の検査で異物が混入された食品が市場に回らないように努めているのだとは思いますが、食品と言うものは子供から大人、老人までと口に入るものですから、しっかりと対策をとってもらいたと思います。
ビニール片が混入していたことから、私の場合は直ぐに塩辛を製造している某会社に電話しました。
電話をすることだけでクレーマーと思われがちですが、私としては食の安全意識を会社内部で高めるための刺激になると思います。
ですから、そんな刺激に対して真摯に受け止めていける会社こそが、安全意識を高め、より良い商品を売り出せる力がある企業と言えるでしょう。
食を扱う会社は異物混入と言う渋滞なミスがないよう、徹底した安全意識を、常に心がけるべきだと思います。